テニスのグリップテープで知っておくべきこと

スポンサーリンク

グリップテープとは?

ラケットを手で持つところに付けるテープのことです。

グリップは常に手で持つところで、ボールを打ったときには身体に情報を伝えるため重要な場所でもあります。

だからこそたくさんの種類が出ており、それぞれは手に伝わる感触も違うために試すことが必要になってきます。

例えばですが、手に汗がたくさんでるタイプなのか?、打ったときの打球感を伝えたいタイプなのか?により、グリップテープを選ぶポイントが変わってきます。

自分に照らし合わせながら確認していきましょう。

この記事でわかることは?

グリップテープの種類は?

たくさんの種類がありますが、大分類として2つにわけられ、アンダーグリップ(下巻き)オーバーグリップ(上巻き)の2種類になります。

アンダーリップはラケットを購入したときの状態がアンダーグリップになります。そしてアンダーグリップの上に巻くものをオーバーグリップになります。

アンダーグリップは、手に伝わる打球感で使い分ける。変えることはほとんどない。

オーバーグリップは、手の相性に合わせて使い分ける。そして消耗品で滑るようになったら変える時期となる。


スポンサーリンク

アンダーグリップについて

アンダーグリップは頻繁に変えることはありません。

アンダーグリップには2種類あり、「クッション系、レザー系」にわけられます。選び方は「手に伝わる打球感」でわけることになります。

見分け方は簡単でレザー系は茶色になり、クッション系では黒色、白色が多いです。さわり心地も全然違いますが、実際に触れてみないとわかりませんね。

クッション系

手に伝わる振動を減らしたいひと向けです。

最近で販売されているラケットはクッション系のアンダーグリップが多い傾向があります。

クッション性の材質のため、ボールを打ったときの振動が手に伝わりが少ないです。それはラケットの中心を外したときでも同じく振動が伝わりづらいです。なので常に快適な状態にあります。

ただどこに当たっても同じ打球感なので、ラケットの中心に当たったときの気持ちよさは減る感じがしました。

あと振動が少ないことにより、肘にも優しくテニスエルボーの対策のひとつの選択肢としては良いです。

レザー系

打球感を重視したいひと向けです。

クッション系とは逆で、打ったときの振動が多く手に伝わります。ラケットの中心かそれ以外で打ったときの打球感は全然違います。

なので打ったときのラケット面のどこでボールを捉えたかがわかりやすく、ミスショットをしたのかがわかりやすいです。そのことでミスショットしたあとの対処がしやすいです。

ただ革ということもあり、水、汗で濡れた場合は乾かす必要がでてきます。

あとクッション系と比較して、レーザー系はグリップの角がでること多くて、手にマメが出やすいと感じています。

オーバーグリップについて

オーバーグリップはアンダーグリップの上で巻くもので、消耗をしてきたら変えることになります。

そしてオーバーグリップには2種類あり、「ウェット系、ドライ系」にわけられます。選び方は「手の相性」で選ぶことになります。今までのプレイヤーを観察してきた中で、ほとんどのプレイヤーはウェット系を選択している傾向があります。

これもさわり心地が全然違います。

あわせて読みたい記事

ウェット系

手に汗をかかなひと向けです。

さわり心地はやわらかくて、手にくっつく感じがあります。なので手に汗をかかないひとにとっては常に手に張り付いているような感覚でプレーができます。

逆に手に汗をかくひとが使った場合は、汗をかいたときではかなり滑ります。ラケットを振ったときにラケットが飛んでいかないかを心配するくらい、滑っていく感じです。

わたしも手に汗をかくまえは、ウェット系のグリップを選択したいくらい、握り心地が良いです。

ドライ系

手に汗をかくひと向けです。

グリップ自体が手の汗を吸ってくれるような素材を使っているということです。なので手に汗をかくひとにとっては常に乾いた状態でグリップをもつことになるので、グリップが滑ることがないです。

ただグリップにも汗を吸える限界がありますが、1試合の中では問題はでないレベルには吸ってくれます。ただ耐久性は良くないのが現状です。頻繁に変えることが多いでしょう。


スポンサーリンク

グリップの巻き方

ラケットの下側から巻き始めて、ラケットの面側でグリップの最後の部分をテープで巻く必要があります。

グリップは適当に巻かないほうが良いと考えています。適当に巻いた場合は手に伝わる感触が毎回違うことになってしまいます。それでは打つ感覚を試しながらしないといけないため、試合になったら時間のロスになります。

手に伝わる感覚は同じにするようにするために、わたしがグリップを巻く際に決めごとが3つあります。

3つの決めごと

参考になる動画

まとめ

  • アンダーグリップは2種類あり、「クッション系、レザー系」にわけられる。選びかたは「手に伝わる打球感」で選ぶ必要がある。
  • オーバーグリップは2週類あり、「ウェット系、ドライ系」にわけられる。選び方は「手の相性」で選ぶ必要がある。
  • グリップの巻き方は、手に伝わる感覚を同じにするために巻き方を統一するほうが良い。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク