【まとめ】テニス雑誌:テニスマガジンの特徴について

スポンサーリンク

テニス雑誌の『テニスマガジン』について記事にしました。

まずはじめに結果からお伝えすると、『テニスマガジン』を購読をしたほうがよい方はテニスが好きな方です。これはテニスをプレーすることが好きというよりも、テニス全般的に好きな方という意味になります。

技術習得のために購読はオススメをしないということです。

その理由についてまとめてあります。

今回の記事でわかること

  • どんなことが記載されているか?
  • 雑誌の特徴はなにか?
  • 購読を勧めたいひと
  • 販売会社、発売時期、購入方法、金額

雑誌の目次

巻頭技術特集

現状の技術からの改善することの内容が細かく記載されています。

例えば、『サーブを打つときには一定のリズムで変な間ができていないか?それを改善するためには◯◯◯の練習をすれば改善ができるので実践してみましょう。』、あとは『試合で◯◯◯をするためには◯◯◯の練習を実践したほうがいい!』とかが特集されています。

技術習得のための特集はほぼこのページのみといっていいでしょう。

トーナメントレポート

これは直近で行われてい大会の振り返りが特集されています。

今回の10月号では7月に開催されていたウィンブルドンについて書かれており、『誰が優勝して』、『どんな大会だったのか』、『トップ選手の総評』、『選手の声』も書かれています。

最近では日本人選手の出場も増えてきた影響もあり、日本人選手がどのような結果だったのか、あと試合後のコメントも書かれているので面白いと思います。

特集

ここには色々な項目が書かれておりテニスマガジンのメインコンテンツになります。ただ技術的な要素は少なく、様々なコンテンツが含まれております。

10月号では以下の内容が含まれておりました。本当に独特な内容になっていますが、内容を読んでいくと「なるほどな!」と感じることも多いので面白い内容となっています。

  • テニスゼミナール
  • コーチとトレーナーの関係
  • ウォーミングアップの仕方
  • サービスの心構え
  • 汗の匂いの対処
  • テニス食
  • インターハイの出場選手、結果
  • 試合の戦術
  • テニス選手の特集
  • トロフィーについて
  • インタビュー記事

テクニカルファイル

テニスの準備に関連する記事が複数あります。食事やメンタル系も含まれているので、テニス以外の情報も特集されているので面白いです!

  • テニスを研究する
  • 戦略、戦術について
  • 食事
  • メンタル

コラム記事、連載記事

4名の方が1~2ページの中で独自の目線でテニスに関することを語っています。あとは月間ダイジェスト、選手の世界、国内ランキング、kジュニアの日本人プレイヤーとトッピックス等も掲載されています。


スポンサーリンク

テニスマガジンの特徴、オススメの人は?

読み物がメインとなる雑誌となっています。

それは大会についての記事、選手のコメント、メンタル、食事等についての記事が多めとなっており、テニスの技術に関する情報は少なめとなっておいます。他社の雑誌ではプロ選手の連続写真を用いて解説をしていたりしています。

なので技術習得のために『テニスマガジン』を行動する方はオススメができないです。逆に記事をメインで読みたい方にはオススメになります。他社の雑誌のNumberみたいの雑誌だと思っても良いと思います。

テニスマガジンについて

本屋であればスポーツ関係の雑誌を並べている場所に置かれています。経験上、目に見えるような場所に並べられているのですぐにわかると思います。

巻数に関しては、7月21日に販売であれば9月号になります。8月号ではないのでご注意ください。古い巻数を読んでは近々の大会情報ではなく、1ヶ月古い情報になってしまいますので、確認をしてご購入下さい。

販売会社 ㈱ベースボール・マガジン社
金額 定価900円
発行販売 毎月21日
ページ数 130ページ
ホームページ リンク

雑誌のFujisan.co.jp

スポンサーリンク