年金手帳を取り返せ(海外の人の再発行までの道のり)3日目

スポンサーリンク

海外の友人が年金の脱退一時金を申請をするために必要な帳票類で年金手帳が必要なのですが、友人が年金手帳をなくしてしまったのです、再発行するまでにどのようにすればいいのかを確認しています。

今回は年金事務所に行って確認してきました!

関連記事

代理人だと再発行できない?できるけど大変?

年金手帳を代理人による再発行は委任状とかが必要になり申請が大変みたいです。しかも再発行された年金手帳は日本に住んでいたときの住所に年金手帳が郵送されるそうです。

なのでそこに誰も住んでいない場合は年金手帳を受け取ることができないので、代理人で申請をしても受け取ることができないので申請自体が意味なくなってしまいます。そう受け取ることができないのですから。

ただうちの会社の場合では友人が住んでいたところに他の人が住んでいるので郵送されたのを受け取ることはできるのですが、昨今では犯罪とかに使用される可能性とかもあるみたいなので代理人での申請を受け付けてくれない可能性もあるそうです。

申請してもダメなのと思い、再発行を諦めそうになりました・・・


スポンサーリンク

じゃあどうすればいい・・・そのまま諦める?

脱退一時金を申請したいけど年金手帳をなくしましたがどうすればいいのかを年金事務所に確認をしたら答えは簡単でした!

年金手帳がなくても申請が可能みたいです。

どうやら年金手帳はただ返却をするだけみたいなので脱退一時金を受け取るためには必要ではないみたいです。なので紛失したことを会社に伝えて処理をしてもらえれば良いのです。

その前に紛失したことを会社に伝えてますが紛失した場合にどうすれば良いかは知らないのでしょう。たぶんいままでにそのような事例はなかったのかと思います。

ただし年金手帳を紛失をしているので、その友人は怒られることでしょう。

まとめ

脱退一時金を申請では「年金手帳」が必要だとホームページにも書いていますが、もし申請時に年金手帳を紛失がわかったさいには再発行はせずにそのまま申請をしましょう。紛失しても申請は可能です

ただ年金手帳は基礎年金番号が書いていますので無くさないようにしっかりと管理しておきましょう!もし紛失した本人が再発行をするにしても基礎年金番号がわかっているとスムーズに処理ができるみたいです。

基礎年金番号は「ねんきん定期便」とかに記載をされています。なので何かあるときには使えると思いますので1年は保管をするようにしておきましょう!

関連記事
スポンサーリンク