【レビュー】IL BISONTE ヌメ革の小さい財布が良かったよ!

スポンサーリンク

わたしは財布が大きい方が良いと思ってました。それは財布にいろんなモノが入るからで、例えばクレジットカード、キャッシュカード、ポイントカード、レシートとかです。

でも大きいデメリットもたくさんありました。それは男性の場合は財布をポケットに入れることが多く大きと椅子に座るにしても邪魔なんです。しかも財布の中には使わないポイントカードがほとんどにもあるのです。

このこともあり試しに小さい財布を使ってみようと思い。2年ほど前にシフトチェンジをしました。

その財布は「IL BISONTE(イルビゾンテ)」になります。

紹介をしていきたいと思います。

イルビゾンテについて

※引用先:http://www.ilbisonte.jp/

出典先:http://www.ilbisonte.jp

1945年、ベネチアの近くで生まれたワニーは、父と同じカラビニエーリ(軍服を着て馬に乗ったイタリアの警官)や車のパーツ販売を経験しながらパリのアートスクールの通信講座でアートを学びました。

そして妻ナディアの親戚のバッグ工場で技術を学んだ彼は、職人気質なバッグにユニークなデザインを施し、バッファローのマークをつけました。

出典先:http://www.ilbisonte.jp

1970年、フィレンツェの高級店街から一本入ったパリオーネ通りにワニーと妻のナディアは小さな革製品の店を出し、注文に応じて地下室でバッグやベルトを作っては売っていました。

やがてフィレンツエの他のお店からもオーダーが入るようになり、その中のひとつで彼等の友人のいた『プリンチペ』に置いたことから、アメリカ人のバイヤー等の目にとまり、少しづつパリやアメリカなど世界に拡大していきました。

出典先:http://www.ilbisonte.jp

1990年、同じパリオーネ通りに大きくなった現在の店を構え、今でも70年に始めた頃と同じ革の匂いを漂わせています。

また、現在では本拠地フィレンツェをはじめローマ、ニューヨーク更にはカナダ等各国主要都市にショップをもっており本物志向のファンに愛され続けています。


スポンサーリンク

イルビゾンテの財布を選んだ理由

小さい財布にしたい

普段はあまりズボンのポケットに入れることはないのですが、ポケットに入れることができるサイズに変えたいと思った。あと邪魔にならないサイズをしたい!

シンプルでおしゃれ

今までは定期券を入れるスペース、カードをたくさん入れるスペースとかいろいろな機能がある財布を選んでいたけども、カードとかも入れないようにしたいのでそもそも入らない財布を選びたい。

ヌメ革の経年変化を楽しめる

前回も革製品の財布だったけども革が加工されていて変化があまりでないタイプだったので、今回は経年変化がでやすいヌメ革を選択したい。ヌメ革は加工がほとんどされていないので経年変化がでやすいと言われている。

あわせて読みたい記事

イルビゾンテ内で選んだ商品は?

わたしの要望に全部はまった財布です。

写真は黒ですが実際はヌメ革の肌色になります。

値段は手がだせるそこそこで、サイズはかなり小さく、シンプルなデザインで、ヌメ革の経年変化を楽しめる!

出典先:http://www.ilbisonte.jp

No :411186
Price :¥17,280 –
Size :H9.5×W9×D2cm
Material :牛革


スポンサーリンク

小さい財布がいい

女性の方は財布をカバンとかにいれることが多いので大きさについてあまり気になること少ないと思いますが、男性の方はポケットに入れることが多いですね。なので小さい財布は正義です!

昔は長財布も使ったことがありますが邪魔になりすぎてすぐに変更をしたくらいです。一般的な2折りタイプの財布も大きいなと思い始めたくらいです。やっぱり小さいは正義です!

スマホと同等の大きさです。セブンイレブンのカードがありますがこのカードは免許証とかの同サイズなので比較がしやすいと思います。見てもわかりますがかなり小さいですよ。

カードと小銭を入れた状態でスマホより少し厚いくらいです。大きいじゃなねーかと思われると思いますが読者が持っている財布とスマホを比べた時にこの薄さに気づくと思いますよ。

そう、小さいは正義です!

2)シンプルでおしゃれ

写真でもわかると思いますが、ポケットの数が極端に少ないのです!

  • 小銭入れ
  • お札入れ(奥)
  • お札入れ (手前)

ポケットが3つしかありません。ですがわたしの場合はこれだけで十分です。実際にわたしが入れているカードは2枚しかありません。

  • 免許証
  • キャッシュカード(クレカ機能付き)

もし他のカードが必要になった場合は必要なときに持っていけば良いだけです。もし忘れた場合は忘れたで済ませば良いだけだと思っています。買い物とかもポイントカードとかにしばられないで気楽ですよ。

全ての支払いはクレジットカードなので、そっちでポイントを貯めていた方が一括にできて管理も楽です!

あとお財布に入れているものが少ないこともあり紛失をしても、どこに問い合わせをしないといけないのか?がすぐわかることもいいと思っています。まだなくしたことがないのでわかりませんが・・・

ちなみにカードはお札とカードはこの状態で入れています。手前はレシートとかそのときにでた不要なものを入れることが多いです。

普段は使わないものは入れなければ良いだけです!


スポンサーリンク

3)経年変化ってなに?

革製品の醍醐味は経年変化ではないでしょうか?簡単なことばでいうと革製品の色の変化を楽しむことです。この変化は使い方によって全然色の変化が変わるのですごく楽しみの一部でもあります。

しかもどんどんじぶんの使い方に革が馴染んでいくので使いやすくなってきます。なので革製品はかなり愛着がわきます!

革製品なのでお手入れとかも必要だと思いますが、財布になるとお手入れはしなくても大丈夫かと思います。気にしすぎて使いづらくなるよりはどんどん使っていったほうがいいです。お手入れをしなくて変になるのもひとつの楽しみです。

ではわたしが使用している財布の経年変化になります。

購入当初はこの状態です。

2014年2月12日(購入当初)

 

買ってしもた。

イタバシマナトさん(@_manato_)が投稿した写真 –

2014年2月17日(1週間後)

 

1week

イタバシマナトさん(@_manato_)が投稿した写真 –

2014年3月23日(1ヶ月後)

2015年11月20日(おおよそ2年後)

 

いい味になってきた!!!

イタバシマナトさん(@_manato_)が投稿した写真 –

購入当初から比較をするとかなりの変化が見られますよね?

これがあるから愛着がわくのです。

最後のひとこと

お気に入りの財布で今の財布が壊れてもリピートをするくらい好きな財布です!

かなりおすすめです!

あわせて読みたい記事

出典先:http://www.ilbisonte.jp

スポンサーリンク