【レビュー】断捨離について@やましたひでこ

スポンサーリンク

本日は好きな書籍について話します。
今までの書籍で一番影響を受けた書籍と言っても良いと思います。ただ読んだのもだいぶ前なので話がずれていたら申し訳ありません。

断捨離 やましたひでこ


スポンサーリンク

何がすごいの?

  1. すぐに始められる
  2. すぐに実践できる
  3. すぐに影響がでる

わたしはこの3つでした!

断捨離とは?

断+捨=離
:入ってくる要らないモノを断つ
:家にはびこるガラクタを捨てる
:モノへの執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間にいる私


スポンサーリンク

すぐに始められる

やることは1つです。今の自分に照らし合わせて必要モノ?不要モノ?かを判断してくことが最初です。それが終わったら不要なモノをどんどんゴミ袋に詰めて捨てるだけです。

なのでまずはここが一番じぶんに変化をもたらすポイントです!

モノが必要なのか?ではなく、じぶんにモノが必要かどうかが判断するからです。

全てがじぶんじぶん!じぶんが軸なんです。

すぐに実践できる

捨てる前にすべて判断ができるようになってくるようになります。
モノを買うときにじぶんに必要なモノかをじぶんで選択ができる!これって重要なことだと思います。
じぶんを理解していないとできないことです。


スポンサーリンク

すぐに影響がでてくる

モノからの執着が減ってきて明らかに部屋が綺麗になります!しかも部屋にあるものはお気に入りのモノばかりに囲まれていて気分が良い状態です!
あとじぶん軸で考えを進めることになるので、本当のじぶんとは何か?とかがわかるようになってきます。
わたしの場合は少し派手目な洋服をバンバンすてることにより、シンプルなモノばかりになって考え方もシンプルになったと思います。そのおかげで仕事のほうも進め方が良くなって残業も少なくなっていった記憶があります。

まずは実践あるのみです!

本日書いた記事もまだ第1章のさわりくらいです。

この記事を書いてたらまた読みたくなってきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください